2012年1月12日

おててができるまで。

毎日寒い日が続いていますねー

私はというと 夜な夜な「のこぎり」と格闘していました

新しい事=新鮮=道具もピカピカ→やる気満々・・・・で始めたのですが

結果・・・撃沈。。。。普通にまっすぐ切る事もタイヘンで もうどの位失敗したかわかりません

二の腕の筋肉痛にピラティスの筋肉痛も加わって両腕がスゴイ事になってます

失敗の連続なので載せられる画像もなく

なので 今日は年末にまとめた「おててちゃんのつくりかた」をご紹介したいと思います

人気の「おててちゃん」イベント会場に持って行くといちばん質問が多い作品です。

○いったいどうやって作ってるんですか?

○専用の型があるんですか?

○本当に全部 手で作ってるんですか??。。。。などなど

お客さまは興味しんしんのようなのです

そこで今日は粘土のかたまりの状態から「おててちゃん」に仕上がるまでの工程を

画像つきでマニアックに?説明をしながら紹介したいと思います

20111224_184302 【工程その1】ねんどコネコネ作業。

作るのは好きなんですが 「コネコネ」作業が

ニガテなんですFIMOは手の温度で柔らかく

なる性質なんですが 色によって こね始めは

硬くて硬くて。。。。テレビを見て手元が空いてる

パパとユウトに半強制的に?無理やり??

粘土を握らせ コネてもらってますニシシ。。。

20111224_184223 【工程その2】土台つくりの作業。

粘土を押し付けて立たせる部分(設置面)を

しっかり作ります。この作業をなまけて

しまうと焼いたあとに立たなくなってしまいます

手首部分は少しクビレを作って 手のひらの

部分は「おしゃもじ」のような まん丸の形します

(設置面サイズ:幅約3.5×奥行2.0/手のひらの厚さ:約1.0)

20111224_184141 【工程その3】ゆびつくり。

カッターまたはクラフトはさみで切込みを入れます

切込みを入れた所から(図の親指参考)切り込み

を分けて つまんでそれぞれを独立させます。

親指は少し下に下がる位置に 中指は長めに。

触りすぎ注意!最初に作ったクビレが

なくならないように注意してください。

20111224_184103 【工程その4】手のひらの仕上げ

工程3が終わると一気に「おてて」に

近づきます指先は必要なくなるので

気にしなくてOKです。土台の設置確認と

それぞれの指の位置やバランス・指と指の

間がなめらかになるように。この時点での

修正はまだまだききます

20111224_184013 【工程その5】恐怖の指先カット。

ぎゃーーーー(゚д゚;)!!

次の作業はせっかく作った指先をカットします

この画像ちょっと恐怖ですねー。。。。

1cmほど残してカッターでスパッとカットして

ください。そして切り口は指で押さえてなめらかに

20111224_183929【工程その6】針金を入れる作業

引き続きこの画像もちょっとコワいですケド

中指は上から刺して貫通するまで(下まで)

人差し指と薬指はナナメに刺して中指の

針金に当たるイメージで(当たらなくてもOK!

貫通の必要はなし)親指と小指も同じで中指の

針金めがけて差し込みます(イメージは葉っぱの

葉脈のような感じになるようにです)

20111224_183851

【工程その7】あたま作り

切り取った指先を使って「あたま」に

なる部分を作ります。わたしはまん丸に

した後に少~し押して横長にしますが

まん丸のままでもかわいいと思います

全部同じ大きさでも問題ないですが

親指と小指を気持~ち小さめに作ると

バランスが良いように思います。

20111224_183809_1 【工程その8】こだわりの「しろ目」

これだけは!こ・れ・だ・けは

こだわってきました「しろ目」を入れる作業。

この「しろ目」があるのと ないのじゃ

仕上がったあとの表情が全然違うのです!

置き方は爪先で少し白い粘土を取って

顔に乗せたところを楊枝で押してなじませます

20111224_183732_1 【工程その9】ココで決まる!「くろ目」

こだわりのしろ目の中に次は さらに

小さい「くろ目」を入れます。ここでnendog

裏話をお客さんに「いちばん好きな

作業(工程)は?」って聞かれた時。

迷わず「くろ目」を入れる作業っていう私

。。。かなりの粘土ヲタクでございます

20111224_183648_1【工程その10】かおの仕上げ

目の工程が終わったら「鼻」と「口」の作業

鼻は丸めた粘土を置いて少し強めに押します。

押しが甘いと焼いた後にポロッと落ちちゃいます

口は指先で粘土をひも状にしてカット。

つまようじの先に付けて運んで付けます。

20111224_183604_1 【工程その11】スカーフ作り

好きな色の粘土で首の周りをグルッと

巻きます。巻き終わりの部分は 軽く楊枝で

刺して穴をあけて指で引っぱると切る事が

出来るので無理ハサミやカッターでカット

しないようにしてください。(ちょうど真後ろの

部分をつなぎ目にすると目立ちません)

20111224_183520【工程12】手をつける

実は この手を付ける作業がいちばんの難関

指と指の間のすき間に腕を付けるので

開きすぎると裂けてしまいます

付け方は左右どちらでもOKなのですが

全部右手を付けたら左手を付けるという方法。

バランスがとりやすいのでオススメです

20111224_183419 【工程その13】枝と葉っぱを入れる作業

中心になる枝を真ん中に置き右と左に

枝を付けます。ダイヤ形にした葉っぱを

同じ色が重ならないように枝先において

いきます。並べ終わったら手のひらと

くっ付けるために葉っぱ1枚1枚に楊枝を

刺していきます(なんとなく葉っぱっぽく見える?

20111224_183307【工程その14】焼き作業

いよいよ最後の工程!

120℃で20分焼きます

FIMOのパッケージを見ると

庫内を温めてとかいてあるのですが。。。。

私は余熱しないで そのまま

焼いちゃっています

20111224_183240 おててちゃんの完成です

製作時間(焼き時間込み)約2時間

撮影しながらの作業はなかなか難しいです

びっくりしたのが撮った画像を確認した時。

合わせ鏡になっていた事をすっかり

忘れていてノーメークの自分の顔が

写り込んでいたこと。。。

夜中に見たので本当に心霊写真かと思いました

Img_6009_2_1

こちらのおてては「nendogキャラクターバージョン」

お問い合わせが多いので(ありがとうございます

今年はこの「おててちゃん」のいろんなバージョンを

作りたいと思っていますよー

ちょっと見てみたい○○の作り方!

出来上がりまでの工程が見たい作品が

ありましたら教えてくださいねー

| | コメント (10) | トラックバック (0)