« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日

迷うくらいなら。

去年の秋頃だったかな?creemaというハンドメイドソーシャルマーケットサイトの事務局

の方から直接連絡をいただきました。

内容はクリエーター登録をしてみませんか?という嬉しいお誘いでした

即答する訳にもいかないので とりあえずどんなサイトなのかHPをチェックすることに。。。。。

見るとたくさんのクリエーターさんの作品がズラリ。

おしゃれでスッキリとしたデザインのすてーきなサイトでした~。。。。そして思わず見とれる

私は今までnendogの作品は小さい分数を作らなきゃって思って製作していました。

でもcreemaに出品されている作家さんの作品を見ると まず皆さん登録作品が少ないんです。

そして価格が高め。最初はビックリしたけど見ているうちに納得することがいっぱいありました。

例えば粘土なら「粘土細工」じゃなくて「オブジェ」みたいな。。。←わかりずらいですね~

作家さんの呼び方でいうと「ハンドメイド作家さん」というより「クリエーター」かな??

そんな雰囲気たっぷりのサイトでした。

すでに登録してるcoobooとはまた違った表現やつながりが出来そうでわくわく

でもちょっと(・・・かなり)敷居が高いような気もする。。。

なぜか。。。。

nendogは フリマ出店から始まった製作活動なのでほとんどの作品が¥1000以下の設定です。

製作をして販売をする時に本当に難しいこと。私は「価格設定」なんです。。。。

自分が作ったモノに値段をつける訳ですから。。。。悩みますね~

作るときも お客さまのために 「1000円以内」が常にアタマの中をぐるぐる

。。。。。当たり前に思ってた。でもそれって本当にお客さまのため?

¥1000以内っていうのは勝手に自分が決めたルールだよね。。。。。

ぐるぐるぐる

たしかに作ってるとき。心当たりがあります。

↓あたまの中のやりとり↓

「これを付けたいけど付けちゃったら+500円。。。高すぎる

「この作品。フレームに入れたいな。。。+1500円(フレーム代)。。。高いっっ

。。。「1000円以内」であたまがいっぱいの私は自分でやりたい作業止めてた事にも気がつかず。。。。

。。。。。ガーーーン

長いこと製作していると こういう事がよく起こります

良いと思い込んで大切なことが見えなくなること。。。。

こうやって文章に書くと本当にわかります(恥

+500円ならその価格で。

フレームが¥1500なら追加してその価格で。

売れる売れないは その次。

高いか安いか決めるのは自分じゃなくてお客さまです。

。。。。。大きな大きなかん違い。

こんな事を考えながらcreemaのサイトを見る日々が続きました。

そんな状態がしばらく続いた頃 Twitterで知ったcreemaさんのスゴイ企画

「ISETAN × Creema TOKYO HANDMADE MARKET」

詳細はコチラ→

新宿伊勢丹の中でハンドメイドマーケット。。。スゴイ企画です

いったいどんな作家さんが対象でどんな出店条件なのか。。。

興味しんしんでチェックしました

○creemaにクリエーター登録をしてる作家さんが対象。

○出展料は なんと!無料

○作品が売れたら手数料として50%

○上代(販売金額)¥250000以上の作品を納品。

。。。。に、にじゅうごまんえん!!!

今のnendogの作品1個¥1000としても250個の納品。

・・・ち~ん。この時点でアウト

伊勢丹でイベントをするスゴさを知りました。

それなのに。

なぜか。

nendog。

エントリーすることに。

なっちゃったんです

後日 事務局の方からマーケットへのエントリーのお誘いをいただいたのですが

迷わず返信しました。

「3月までに上代価格¥250000分の在庫は難しいです。」と。。。。

そしてその返事が

「選考基準に達しなくてもエントリーできます」と。。。。

出店基準をクリアしてる作家さんよりは不利になるそうです(当たり前ですね)

くやしい。。。。←こんな感情はひさびさでした。

作品の良し悪しじゃなくて 作品作りが間に合わないという理由で断ることが本当にくやしくて。。。

断るつもりでいたのに 悩んでいる自分にビックリ

いろんな人に相談して 迷って 悩んで。。。。。。。

出した結果が「まず出来る範囲の製作でエントリーしてみる!」ということ。

何もしないで後悔するのはイヤなので行動して結果が出た方が良いかなって(OKでもNGでも^^)

どうなるかわからないけど1歩踏み出します!踏み出してみます!!(内心かなりバクバクですが

エントリーすることも予定に入れてイベント調整をしていたので納品の3月までに

上代ではなく「限定○○個!という形」で可能な製作個数で申し込みしました。

選考結果や その後どうなったのか などなど またお知らせしたいと思います(^o^)/

メールを送信したあとに「とんでもないことしちゃった感」に襲われるチキンなわたし(笑)

でもでも 作り初めの頃は こういうドキドキがたくさんあった気がします^^

結果に関係なく 今後はcoobooとcreemaで作品を公開と販売を展開する予定です!

まだまだ「クリエーター」と呼ばれるにはヒヨッコですが そんな日を夢見て

creemaの方では大きな作品や造形系?の作品を中心に紹介できたらと考えています。

エントリー作品の紹介。

20120123_225712

このトラネコちゃんをエントリーしました^^

おなじみのバックに入ったトラネコちゃんです。

が!この作品に追加したかったもの

「切り株のとりちゃん」です。。。。。

このとりちゃんを追加することで約¥500

販売金額がUPするカタチになってしまいます。

お客さまの反応が気になるトコロです。。。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月19日

制作かいし!

2012年のnendogの活動開始しまーす(^o^)/

何もないまっさらの状態からのスタートは 気持ちがいいです!

さてさて何から作るかなー

…まずは やっぱりキャラクターからかな…?

作るぞーーー
…って思ったら粘土の在庫がカラッポでした

忘れてた。。。使い切ってたコト。。。。。

この作りたいムラムラした気持ち(←変態)はどうしたらいいの???

いまある粘土でムリヤリ作ったら こんな状態に。。。。。。

20120119_192247ニャマ首4体。。。。

…早く手足を付けてあげないと

たくさん使うキャラクター色

(こげ茶やイエロー・グリーン)は

ラージブロックといって通常の大きさの

FIMOが約6個分のでっかいお得な

ブロック状の粘土をネットで買っているので

届くのはあさって。。。。。それまではこの子達は やわらかい ろくろ首状態で待機することになります

オマケ画像

製作してるとどうしても色粘土の端材がたくさん出るんですが

粘土がない今 あるだけの端材たちをマゼマゼしてうさぎちゃんを作りましたー

そこまでして作りたいんかい! って感じですが(笑)

20120117_1749511

「つながってるうさぎちゃん」

端材を混ぜたらカワイイ抹茶いろになった粘土。

新年1作目はこの抹茶色の

うさぎちゃんです

粘土が届いたら 委託販売・

イベントやshop出品に向けて

製作の日々が続きます。。。

しあわせなことです~

そして実はもうひとつ報告があるのですが。。

OKでもNGでも結果が出たらあらためて

報告したいと思います!^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月12日

おててができるまで。

毎日寒い日が続いていますねー

私はというと 夜な夜な「のこぎり」と格闘していました

新しい事=新鮮=道具もピカピカ→やる気満々・・・・で始めたのですが

結果・・・撃沈。。。。普通にまっすぐ切る事もタイヘンで もうどの位失敗したかわかりません

二の腕の筋肉痛にピラティスの筋肉痛も加わって両腕がスゴイ事になってます

失敗の連続なので載せられる画像もなく

なので 今日は年末にまとめた「おててちゃんのつくりかた」をご紹介したいと思います

人気の「おててちゃん」イベント会場に持って行くといちばん質問が多い作品です。

○いったいどうやって作ってるんですか?

○専用の型があるんですか?

○本当に全部 手で作ってるんですか??。。。。などなど

お客さまは興味しんしんのようなのです

そこで今日は粘土のかたまりの状態から「おててちゃん」に仕上がるまでの工程を

画像つきでマニアックに?説明をしながら紹介したいと思います

20111224_184302 【工程その1】ねんどコネコネ作業。

作るのは好きなんですが 「コネコネ」作業が

ニガテなんですFIMOは手の温度で柔らかく

なる性質なんですが 色によって こね始めは

硬くて硬くて。。。。テレビを見て手元が空いてる

パパとユウトに半強制的に?無理やり??

粘土を握らせ コネてもらってますニシシ。。。

20111224_184223 【工程その2】土台つくりの作業。

粘土を押し付けて立たせる部分(設置面)を

しっかり作ります。この作業をなまけて

しまうと焼いたあとに立たなくなってしまいます

手首部分は少しクビレを作って 手のひらの

部分は「おしゃもじ」のような まん丸の形します

(設置面サイズ:幅約3.5×奥行2.0/手のひらの厚さ:約1.0)

20111224_184141 【工程その3】ゆびつくり。

カッターまたはクラフトはさみで切込みを入れます

切込みを入れた所から(図の親指参考)切り込み

を分けて つまんでそれぞれを独立させます。

親指は少し下に下がる位置に 中指は長めに。

触りすぎ注意!最初に作ったクビレが

なくならないように注意してください。

20111224_184103 【工程その4】手のひらの仕上げ

工程3が終わると一気に「おてて」に

近づきます指先は必要なくなるので

気にしなくてOKです。土台の設置確認と

それぞれの指の位置やバランス・指と指の

間がなめらかになるように。この時点での

修正はまだまだききます

20111224_184013 【工程その5】恐怖の指先カット。

ぎゃーーーー(゚д゚;)!!

次の作業はせっかく作った指先をカットします

この画像ちょっと恐怖ですねー。。。。

1cmほど残してカッターでスパッとカットして

ください。そして切り口は指で押さえてなめらかに

20111224_183929【工程その6】針金を入れる作業

引き続きこの画像もちょっとコワいですケド

中指は上から刺して貫通するまで(下まで)

人差し指と薬指はナナメに刺して中指の

針金に当たるイメージで(当たらなくてもOK!

貫通の必要はなし)親指と小指も同じで中指の

針金めがけて差し込みます(イメージは葉っぱの

葉脈のような感じになるようにです)

20111224_183851

【工程その7】あたま作り

切り取った指先を使って「あたま」に

なる部分を作ります。わたしはまん丸に

した後に少~し押して横長にしますが

まん丸のままでもかわいいと思います

全部同じ大きさでも問題ないですが

親指と小指を気持~ち小さめに作ると

バランスが良いように思います。

20111224_183809_1 【工程その8】こだわりの「しろ目」

これだけは!こ・れ・だ・けは

こだわってきました「しろ目」を入れる作業。

この「しろ目」があるのと ないのじゃ

仕上がったあとの表情が全然違うのです!

置き方は爪先で少し白い粘土を取って

顔に乗せたところを楊枝で押してなじませます

20111224_183732_1 【工程その9】ココで決まる!「くろ目」

こだわりのしろ目の中に次は さらに

小さい「くろ目」を入れます。ここでnendog

裏話をお客さんに「いちばん好きな

作業(工程)は?」って聞かれた時。

迷わず「くろ目」を入れる作業っていう私

。。。かなりの粘土ヲタクでございます

20111224_183648_1【工程その10】かおの仕上げ

目の工程が終わったら「鼻」と「口」の作業

鼻は丸めた粘土を置いて少し強めに押します。

押しが甘いと焼いた後にポロッと落ちちゃいます

口は指先で粘土をひも状にしてカット。

つまようじの先に付けて運んで付けます。

20111224_183604_1 【工程その11】スカーフ作り

好きな色の粘土で首の周りをグルッと

巻きます。巻き終わりの部分は 軽く楊枝で

刺して穴をあけて指で引っぱると切る事が

出来るので無理ハサミやカッターでカット

しないようにしてください。(ちょうど真後ろの

部分をつなぎ目にすると目立ちません)

20111224_183520【工程12】手をつける

実は この手を付ける作業がいちばんの難関

指と指の間のすき間に腕を付けるので

開きすぎると裂けてしまいます

付け方は左右どちらでもOKなのですが

全部右手を付けたら左手を付けるという方法。

バランスがとりやすいのでオススメです

20111224_183419 【工程その13】枝と葉っぱを入れる作業

中心になる枝を真ん中に置き右と左に

枝を付けます。ダイヤ形にした葉っぱを

同じ色が重ならないように枝先において

いきます。並べ終わったら手のひらと

くっ付けるために葉っぱ1枚1枚に楊枝を

刺していきます(なんとなく葉っぱっぽく見える?

20111224_183307【工程その14】焼き作業

いよいよ最後の工程!

120℃で20分焼きます

FIMOのパッケージを見ると

庫内を温めてとかいてあるのですが。。。。

私は余熱しないで そのまま

焼いちゃっています

20111224_183240 おててちゃんの完成です

製作時間(焼き時間込み)約2時間

撮影しながらの作業はなかなか難しいです

びっくりしたのが撮った画像を確認した時。

合わせ鏡になっていた事をすっかり

忘れていてノーメークの自分の顔が

写り込んでいたこと。。。

夜中に見たので本当に心霊写真かと思いました

Img_6009_2_1

こちらのおてては「nendogキャラクターバージョン」

お問い合わせが多いので(ありがとうございます

今年はこの「おててちゃん」のいろんなバージョンを

作りたいと思っていますよー

ちょっと見てみたい○○の作り方!

出来上がりまでの工程が見たい作品が

ありましたら教えてくださいねー

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 7日

約20年ぶりに。。

ピアスの穴を開けて来ました

今はこんなに楽しそうに言ってますが。。。。

ここに来るまで(穴を開けるまで)の道のりは悲しく長ーいものでした

初めてピアスの穴を開けたのが18歳。高校卒業くらいだったかな?

回りの友達は自分で開けたりピアッサーで開けっこしたりしてたけど

ビビりな私は迷わず皮膚科へ←こういうトコだけはマジメなんです

行ったお医者さんは小さい頃から通ってる かかりつけの皮膚科。

孫のように扱ってくれるおじいちゃん先生

「ゆきちゃん!お父さんとお母さんは穴を開けていいって言ったのか?」

「ツッパリになるんじゃないぞ!」…ツッパリって

穴を開けること自体は麻酔をしたので痛くなかったけど

そのあと。。。。開けた後の消毒で大失敗

ピアスは外さないで消毒しないといけないのに うっかり抜いてしまって

慌てて刺してみたけど出口が見つからない。。。。グリグリグリ探しても出口がない

おまけに痛いよーーー 出口がないなんて怖すぎーーー

あまりの恐怖で3日目位だったかな?挫折。。。。そのまま外しちゃいました。。。。

そうなんです。。。。

穴は開けたけど1回もピアスを付けずに終~了してしまったという悲しい過去があるんです

それからも何度か「ピアスいいな~かわいいな~」って思ったけど

あの出口のないグリグリ感と痛さが蘇ってきて そのたびにムリムリ。。絶対ムリ。。

「もう一生イヤリングでいい!」とまで思っていた私が なぜ???

実は最近。。。。ものすごく大切にしていたイヤリング。。。。片方だけ落としちゃったんです

落としたというか家に帰ってきたら取れてたんですが もうショックでショックで。。。。。

どうやら私 イヤリングを片方だけ落とす習性があるらしく もう1個や2個じゃないんです

「もう絶対!大切なものを落としたくない」。。。。これがきっかけです!!プンプン

20年前ぶりの穴あけ。皮膚科に ピアスの穴あけ専用の曜日と時間があることにも

びっくりしたけど問診票を書いた後に「どのピアスにしますか?」と看護婦さん。

見るとびっくり20種類くらいのピアスの中から好きな色や大きさを選べるシステム

2ヶ月くらいは やぼったい ピアスをつけないといけないって思っていたのでこれは嬉しかったです

穴あけ自体もあっという間で ベットに寝かされて 説明を受けて 穴を開ける位置を決めたら

先生がピアッサーで「ガッチャン。ガッチャン。」終~了早っっ

それに思っていたよりも全然痛くありませんでしたー(嬉)

。。。そして恐怖の消毒は 

なんと今はゼリーの液を綿棒で塗って洗い流すというもの。。。スゴイ

それも消毒しすぎはダメ出来るだけピアスを前後に動かして傷口を甘やかさないということ。

なるほど~傷口も甘やかすといけないんですな

新年そうそう願い事?目標?がひとつ叶いましたニシシ。やったね!

ホールが出来るまで2ヶ月くらいかかるのかな?

つけてみたいピアスがたくさんあるので

いろんなピアスを妄想しながら おとなしく待ちたいと思います。。。。。たのしみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日

えーん(ToT)

年末年始 今年は勤務して初めて年末年始 フル出勤してみました(^-^)

ダラダラしなくて良かったケドなんだか寂しいような…

なので今年のお正月は まったくお正月感のないお正月でした

20120105_1202333新年のはじまり。

仕事も定休日だった1月1日。

家族みんなで弥彦神社まで

初詣に行って来ました。

今年は天気も良かったので

たくさんの参拝客で賑わっていました。

気がつけば本厄も後厄も終わっていた私

多少のハプニングは毎年多々ありますが

大きな問題もなく健康で無事に過ごす事が

出来たので今年1年も このまま穏やかに

過せますように。。。。しっかりとお参りしてきました

お正月も終わって 連休に入る私初売り初売り

そして入れ替わりのように東京へ出発する大さん…見事な すれ違い夫婦

。。。。でもこの位の距離感もちょうどいい気もする←鬼嫁(笑)

そして連休2日目。たっぷり寝て体調を整えて行ってきました

ドコへ?また初売り? いいえ献血ですっ

献血…人のためには なりたいと思うけど わざわざ痛い思いするのは

イヤだなぁ…←10年以上前の私。そして出産後 何かの記事で20歳になった

娘が小さい頃に交通事故に会って たくさんの輸血が必要になった。

あの時の輸血がなかったら今頃この子は ここにはいないでしょう。。。。。

この記事を読んだ事がきっかけで何か気持ちがグッとなって献血に対する気持ちが少し変わりました。

今思うと 出産して子供を持ったということも 影響されていたと思います

・・・・そしてこの日は突然やって来ました。

5年前のビックスワンにて。

献血の特設コーナー前。

看板に「AB型」が不足しています。ご協力お願いします!の文字。

そして手招きする白衣のおばちゃん看護婦さん。。。。。

機会があったら献血してみようと決めていたので心の準備は出来ていたけど

初めての献血は何をされるのかドキドキでした

献血のイメージは 血を抜く=終了だとばっかり思っていたら

献血の本番をする前に試験のようなもの(提供できるだけの血液の濃さがあるかどうか)

その試験のためにまず血を採ります。

結果。不採用・・・・比重が足りませんって。。。。そんなぁ。。

そして献血していないのにお礼と粗品をいただいて帰る。。。。

初めての献血。役に立てなかった悔しさでいっぱいになりました。

そして「絶対献血してみせるっ!」とココロに決めたのです

リベンジ2回目は3年前。

見事 比重もクリアして無事に献血をする事が出来ました

クリアすると献血本番なんと針も献血用のズブトイものに変わりますw(゚o゚)w

でも実際は見た目より痛くなくて(刺す瞬間までしっかり見る私。見ない方がコワイです)

装備や医療器具を眺めたり(←好きなんです)思っていたよりも快適に過ごせました。

何よりも ほんの少しだけど 誰かのためになるかもって思ったら嬉しくて嬉しくて

これから受ける機会があった時は必ず献血しようと決めました

2222

そして今回3回目の挑戦。

献血に興味シンシンのゆうとを連れて行って来ました。

献血する姿を見せるのもいいかなと思って。。。

なのに結果。。。。不採用

エーーン。。。。

本当に悔しいです

今回も粗品だけもらって帰って来ました。。。。

献血をすると(比重検査だけでも)後日 血液検査のデータが送られて来ます。

肝機能・HIV検査など ひと通りの血液検査をしてもらえたり

定期的に献血する事で抜いた分の血液を体が新しく作ろうと働くため

血液の循環が良くなって結果 からだのために良いとされているそうです。

。。。。母情報ですが。。。

会場で一緒だった知り合いの方は なんとすでに20回以上献血していましたスゴイ

私はまず回数よりも このカヨワイからだをなんとかして←

ちゃんと採ってもらえるように目指せ濃い血がんばります!

。。。。年末年始。。。ずっと見てみないフリをしていた体重計。

ひさびさに乗ってみたら想像していたよりも2キロ増ギャーーーーッ

最近ようやく元に戻りましたが年が明けてからは太ったり痩せたりしています(笑)

人間。欲求に任せるとタイヘンなことになりますね。。。。。私だけ???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 4日

cooboo shop オープンのお知らせ

|゚з゚)  こそっ。。。。。。

新年早々コソコソしております

実は年末にcoobooのshopに作品を2つだけ販売の登録をしてみました

私の中では「shopopen!!」という感じではなく「open前の練習

openしたあとにモタモタしないように練習も兼ねて登録してみました。。。。

結果は。。。。めっちゃ簡単でしたこれなら大丈夫そうです

という訳であらためてお知らせいたします

cooboo nendog shop

実はOPEN!していました・・・・・・・・超まぎらわしい告知。。。

コチラからチラ見できますよー

1回の出品は10点前後の予定です

これから作品を追加していきますので よろしくお願いします

Img_5177_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日

2012年の始まり。

1

                 Happy New Year 2012

     新しい年になりました。今年もnendogの活動を通じて楽しく制作活動をしていきたいと思っています。

             笑顔とぬくもりがいっぱいの年になりますように。。。。。。nendog:わたなべゆき

                           ・・・・ちょっとでもそのお手伝いが出来ますように。。。。

     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »